めっく庵

面白いと思うことや気になることを、気ままに。

美しきマップチップの世界1

 

(もしかしたら、「集合体恐怖症」の方は見ない方がいいかもしれない内容です。すみません。)

 

 

どうも、メックサンダーです。

えーと、実は最近フツフツと、「やりたいなぁ…」と思っていることがありまして…。

それは、「マップチップ」を語ることです。

 

マップチップとは?

例えば…コレです。

  ↓

 f:id:mech_thunder:20210207012207j:plain

 

 

???

「マップチップ」という言葉を知らない人が、この時点でコレが何なのか分かったら、スゴイというか、変態的というか…。

 

 

 

エヘ…

f:id:mech_thunder:20210207012344j:plain

(増えた!?)

 

 

エヘへ…

f:id:mech_thunder:20210207012422j:plain

(また増えた!)



エヘヘヘ…

f:id:mech_thunder:20210207022527j:plain

(うわぁ~!!)

 

 

【答え】

これは、ファミリーコンピュータのゲーム「ドラゴンクエストⅢ」に使われていた、【建物の床】を表すパーツです。(画像は筆者が再現したものです。)

このような「ドット絵」で模様の描かれたタイルのようなパーツが多様に存在し、それらを組み合わせて画面を構成する手法、また、その1つ1つのパーツのことを「マップチップ」と呼ぶそうです。

ちなみに、2020年に発売され大ヒットしたゲーム「あつまれどうぶつの森」でも、マイデザインというドット絵を使った機能が注目されていました。

マップチップは、基本的にそれと同様の表現方法と言えると思います。

 

 

 

美しきマップチップの世界…

私は1980年代後半~90年代前半頃のテレビゲームのグラフィックが大好きです。

マップチップはその頃のロールプレイングゲームなどで特によく使われていました。

様々な種類のマップチップが並べられ、美しく繋がった時に出来上がるグラフィックを見ると、もう、ため息が出てしまいます。

多分、ノスタルジーに浸っている部分もあるんでしょうけれど、この頃のマップチップからは何か言いようのない美しさを感じていて、「もはやこれはアートだ!」と思っています。

 

建物の床

先ほどのマップチップに【建物の床】なんて名前を勝手に付けましたが、これは中世ヨーロッパの【石畳】が表現されたものだと思います。

実際のゲーム内では、お城や民家といった建物の床の部分に使われることが多く、また、建物と建物を繋ぐ通路や道としても使われています。

お城や街のシーンにおいて基本中の基本になるパーツですが、この色と陰影で表現された石畳の重なり具合には、どこか温かみを感じます。

 

f:id:mech_thunder:20210207022527j:plain

よくこんな色を使ったなぁ…

 

そしてこのマップチップがいくつも繋がった時、境い目にカクカクとした違和感を感じさせないながらも、何歩あるけば目的地までたどり届くのか、パッと見て分かりやすいというこの絶妙なデザイン…!

ああ!美しい!

基本にして至高!!

好き!!!!

 

 

 

 

…このような感じで、また機会があれば、他の種類のマップチップについて紹介しつつ、語れたらいいなと思います(全然伝わってない気もするけど満足)。

読んでいただき、ありがとうございました!