めっく庵 メックサンダーのブログ

メックサンダーのブログです。イラスト、ゲーム、漫画、その他。

美しきマップチップの世界3

 

どうも、メックサンダーです。

私の好きな 「マップチップ」を語るシリーズ、第3回です。

 

 

(簡単☆おさらい)

「マップチップ」とは!?

テレビゲームなどの画面を表現する方法のひとつで、いわゆる「ドット絵」で描かれたタイルのようなパーツを組み合わせる手法のことです。また、そのパーツひとつひとつのことも指します。

 

 

 

今回のマップチップは、前回(※1年3か月前…)に引き続き【壁(かべ)】です!!

 

コレ!!

 

 

\ババーン!!/

 

 

 

そしてもう1つ!!

 

 

\ズババーン!!/

 

 

 

えっ!?もしかして…地味め!?

いやいや、スゴいんですよ、このコたちは!!

 

 

 

 

 

 

進化したドラクエの【壁】

この壁は、ファミリーコンピュータドラゴンクエストⅡ」で登場したマップチップです。

 

 \\ぼくたちツーだよ//

  



何がスゴいかと言いますと、前作「ドラゴンクエスト(通称:ドラクエⅠ)」の壁と比べると分かります。

こちら。

 

\私がワンの壁だ/

 

 

 

 

 

お分かりいただけただろうか……!?

 

 

え!?

分からない!?ウソ!?

 

仕方ありません。

では、ちょっと壁や床を並べてお部屋っぽくしてみましょう。

 

例えば、ドラクエⅠだと、こうです。

 

    ワンルーム

 

 

 

 

これがドラクエⅡだと、こう!

 

   \ツーだけどワンルーム

 

 

 

どうですか?

お気付きですよね!?

 

そう!!

2種類のマップチップを組み合わせて使うことで、ものすごく立体的に見えるようになってるんですゥー!!!!

(///´Д`///;)こりゃすごい!!

 

 

 

 

 

さらなる工夫が…!

さらに、キャラクターの置き方にも工夫があります。

Ⅱでは、キャラクターの配置の仕方で、さらなる立体感が表現されています。

 

比較画像をどうぞ。

 

 \((壁が薄くてお隣の声が聞こえる…))/ 

 

ご覧のように、右側のドラクエⅡのキャラクターは、背景となる床や壁のマップチップよりも、ちょっと上にずれて配置されています。

 

これがまた効果テキメン!

文字通り、キャラが立って見えます!


以降の作品でも、町の中などの場面においてキャラクターたちはこのように配置されるようになりました。

 

マップチップという基本的な仕組みは同じでも、表現の工夫を重ねることで、グッと見た目がグレードアップしているように感じます!

 

 

いやあ、本当にすばらしいですね~。

冒険の旅が、ますます楽しくなりますよね~。

マップチップすごいな~(///´Д`///;)

 

 

 

今回はここまでです。

読んでいただきありがとうございました!

また次回(いつになるんだ!?)、美しきマップチップの世界でお会いしましょう!

 

前(美しきマップチップの世界2)へ

 

 

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© 1986,1987 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.